FIRAPYは末梢動脈疾患に患う透析患者のABIを改善する

By Firapy Club • 07 Mar, 2019

Far-infrared therapy improves ankle brachial index in hemodialysis patients with peripheral artery disease

Chun‑Fan Chen · Fu‑An Chen · Ann Charis Tan · Tsung‑Lun Lee · Chia‑Hao Chan · Chih‑Ching Lin

今回の研究結果は2018年 09月 14日にHeart and Vesselに発表されました。


概要

足関節上腕血圧比(Ankle brachial index, ABI)は透析患者の重要な問題である末梢動脈疾患(PAD)を診断するツールである。当研究は198名の透析患者を対象にしたものであり、ABI<0.9をPAD患者と診断する。PADと診断された患者だけが透析中に於いて、毎週3回、毎回40分間、半年間続けのFIR照射を受けられる。

患者の両足に其々ABIを4回測量する:

第一回目:FIR照射を実施する前、透析前に測る。

第二回目:FIR照射を実施する前、透析40分後に測る。

第三回目:FIR照射を実施して6か月後の透析前に測る。

第四回目:FIR照射を実施して6か月後の透析40分後に測る。

 

効果としては主にABIの変化を評価したものである。

198名の患者の中に、51名がPADと診断された。51名のPAD患者に於いて、FIP照射しない及び6か月間照射した後のABIを比較し、ABIは明らかに上昇したのを見られた。

透析前のABIに関しては、平均の0.77から0.81に(右足)及び0.79から0.81に(左足)上昇した。

透析40分後のABIに関しては、平均の0.73から0.83に(右足)及び0.77から0.83に(左足)上昇した。


結論

週三回、毎回40分間、6か月間続けてFIRを照射すると、両足のABIが改善された。透析患者に新しいPAD治療方法を提供できる結果となった。


医師コメント

          寺部雄太医療法人徳洲会東京西徳洲会病院形成外科部長)

遠赤外線療法に関しては、血流改善の効果は以前から言われているが、実際人間での血流改善の効果を示しており、この効果が遠赤外線療法を行い続ける必要があるのか、それともしなくても効果が続くのかは、不明であるが、透析などに併用して行うことで効果があれば有用であり、有効な方法である。



最新の記事

フィラピー導入施設インタビュー:蓮田一心会病院

フィラピー導入施設:医療法人社団 愛友会 蓮田一心会病院から、フィラピーの使用経験を話しました。

.......more

フィラピーの有用性報告:フットケア編~Prologue~《後編》

シャントケアとフットケアに対するフィラピー(FIRAPY)の実践 Vol.1

.......more

フィラピーの有用性報告:フットケア編~Prologue~《前編》

シャントケアとフットケアに対するフィラピー(FIRAPY)の実践 Vol.1

.......more