その他の関する文献

By Firapy Club • 26 Jun, 2019

論文リスト

2018

Potential mechanisms for the effects of far-infrared on the cardiovascular system - a review. Vasa. 2019;48(4):303-312.
遠赤外線より心血管系に影響を及ぼす推測メカニズム-レビュー。

The effect of far infrared radiation therapy on inflammation regulation in lipopolysaccharide-induced peritonitis in mice. SAGE Open Med. 2018;6:2050312118798941. Published 2018 Sep 10.
遠赤外線照射治療よりリポ多糖で誘導されたマウスにおける腹膜炎調節に影響。

Far-infrared ray radiation promotes neurite outgrowth of neuron-like PC12 cells through AKT1 signaling. J Formos Med Assoc. 2019;118(2):600-610.
遠赤外線照射よりAKT1シグナル伝達に通して神経様細胞PC12 の神経突起の拡張を促進する。

2017

Oxygenation dynamics of sepsis patients undergoing far-infrared intervention based on near-infrared spectroscopy. J Biophotonics. 2017;10(3):360-366.
近赤外分光法を利用し、遠赤外線介入治療後の敗血症患者の酸素ダイナミクス変化の探求。

Far-infrared suppresses skin photoaging in ultraviolet B-exposed fibroblasts and hairless mice. PLoS One. 2017;12(3):e0174042. Published 2017 Mar 16.
UVBに暴露された線維芽細胞と無毛マウスを遠赤外線で照射すると、皮膚における光老化抑制作用の探究。
Far infrared radiation promotes rabbit renal proximal tubule cell proliferation and functional characteristics, and protects against cisplatin-induced nephrotoxicity. PLoS One. 2017;12(7):e0180872. Published 2017 Jul 17.
遠赤外線は、兎の近位尿細管細胞の増殖を促進する特性で、シスプラチンが誘発する腎毒性から腎臓を守る。

Far infrared promotes wound healing through activation of Notch1 signaling. J Mol Med (Berl). 2017;95(11):1203-1213.
遠赤外線は、Notch1シグナル伝達の活性化を通じて損傷の癒合を促進する。

2016

Far-infrared promotes burn wound healing by suppressing NLRP3 inflammasome caused by enhanced autophagy [published correction appears in J Mol Med (Berl). 2016 Jul;94(7):821]. J Mol Med (Berl). 2016;94(7):809-819.
遠赤外線は細胞の自食作用を通じ、NLRP3インフラマソームの形成を抑え、火傷の損傷癒合を促進する。

Treating severe phantom limb pain by applying far infrared ray to 'phantom limb'. J Formos Med Assoc. 2016;115(3):215-216.
FIR療法は激しい幻肢痛を治療する。

Far-infrared radiation protects viability in a cell model of Spinocerebellar Ataxia by preventing polyQ protein accumulation and improving mitochondrial function. Sci Rep. 2016;6:30436. Published 2016 Jul 29.
遠赤外線は細胞モデルでのpolyQタンパク質蓄積の防止とミトコンドリア機能の改善を通じて、脊髄小脳失調症の細胞の生存能力を保護する。


備考

薬機法の規制により、ホームページに論文の原文のみを提供します。日本語訳要約を請求する方は、遠慮なくお問い合わせください。
この文書は、既に公開されたフィラピーの研究資料から抜粋しました。
学術の参考資料として医学界の方々に提供し、商用利用不可。

Comments Service Connecting.....

Question 提問:

service policy / your comments will be published on the Internet.

焦點討論:

最新の記事

フィラピー導入施設インタビュー:蓮田一心会病院

フィラピー導入施設:医療法人社団 愛友会 蓮田一心会病院から、フィラピーの使用経験を話しました。

.......more

フィラピーの有用性報告:フットケア編~Prologue~《後編》

シャントケアとフットケアに対するフィラピー(FIRAPY)の実践 Vol.1

.......more

フィラピーの有用性報告:フットケア編~Prologue~《前編》

シャントケアとフットケアに対するフィラピー(FIRAPY)の実践 Vol.1

.......more